色々なやり方がある市場調査の方法

企業は売上げをあげるために必要なことは消費者の気持ちを知ることです。消費者が求めないものを販売してもなんの意味もありません。また、近年においては公務員など公的機関においても住民の気持ちを意識せずに政策を行うことはなくなっています。かつては「お上意識」という言葉がありましたように、上から目線で住民に接するのが普通でしたので住民の気持ちについて調べる必要がありませんでした。このように今の時代は消費者の気持ちや住民の考えていることを調べることがとても重要になっています。そうしたときに行うのが市場調査で、これをすることなしに売上げを作ることはできませんし、市役所などの公的機関も住民に支持される政策を行うことはできない時代になっています。今の時代に最も必要なツールの一つとなっています。

市場調査のやり方には7つくらいの方法があります。

市場調査で最も知られている方法はアンケート調査です。アンケート調査は最もポピュラーですが、調査結果が難しいという難点があります。理由は答える側があまり真剣に考えずに答える傾向があるからです。また、質問文に書き方にも大きく影響を受けることがあります。次は対面調査ですが、これには1対1の場合と複数で行う場合があります。このやり方のメリットはアンケート方式に比べますと臨機応変に答えられることです。しかし、調査員のレベルや質問の内容、または仕方、回答に対するコミュニケーション力などが大きく結果に左右するという短所があります。そのほかには郵送調査や電話調査、インターネット調査などがありますが、それぞれ一長一短な点があるのが実状です。調査したい内容により使い分けることが大切です。

大切なことは最初の目的から外れないことです

市場調査を横文字ではマーケットリサーチと言いますが、一般的にはMRという言葉が使われています。MRを行ううえで注意が必要なことは最初の目的から外れてしまうことです。これには予算などが絡んでくることもありますが、計画性を持ってMRをしていないことも理由のひとつです。そうなってしまう要因として本当の意味でMRの重要さを理解せずに始めることもあります。MRにはいろいろなやり方がありますが、それぞれの特徴を理解して費用対効果を考えたうえでうまく使うことが大切です。つまり、MRをすることが目的になってしまい、本来の目的である「売上げを上げる」とか「住民の意識を調べる」といった目的が疎かになっていることがあります。最も単純なところではMRの結果を内部に使うのか外部に使うのかを最初に決めておくことも重要な要因です。