有効活用していきたい市場調査の結果

企業が新たな商品やサービスを開発し提供するためには、まず市場調査が必要です。消費者は何を求めているのか、どんな年齢層の人達がどのような目的で必要とするのかを調べるためです。その方法はネットによるアンケートや電話による聞き取りなど、様々な方法がありますし、提供するサービスも多くあります。どのサービスを利用すれば良いのかを考えるためには、その調査結果をどのように活用するのかが明確になっていなければなりません。そこで得られた調査結果はどのように活用できるのかを挙げていきます。商品開発には何が必要なのか、そして販売するためにはどのようなデータが役立つのかを知ることができます。その結果、どのような調査サービスを利用すれば良いのかが明確になります。

商品開発に役立つ調査結果について

まず商品やサービスの開発のために、市場調査のデータを役立てることができます。最初に市場ではどんな商品やサービスを望んでいるのかを調べます。大抵の場合は既存の商品を使用する中で、何かしらの不便さを感じているものです。それを解消してくれるようなものを求めています。調査結果ではそのような要望を知ることができます。ただし注意が必要なのは、単に要望だけを引き出せば良いというわけではないことです。それを商品化するにあたり、利益を出せる形にできるかどうかをチェックする必要があります。求められる商品を開発しても、それが市場で受け入れられる価格でなければ購買にはつながりません。つまり求める価格帯についての調査結果も必要になるというわけです。調査結果は複合的に利用することが必要であることが分かります。

販売における調査結果の活用方法とは

商品開発が終わり、販売する段階でも市場調査の結果を活用することができます。例えば競合となる他社の商品にどのようなものがあるのか、どんな価格帯で販売されているのかを分析します。それに対してどのような差別化をすれば良いのかを導き出すためです。いわゆる販売戦略を立てるわけですが、どのような消費者層に対して、どんなブランド戦略を立てるのかが必要になります。さらにキャンペーンを行うタイミングはいつ頃が良いのか、どのような形で実行するべきなのかも考えます。このような戦略は調査結果を分析してから導き出すという形が必要です。あくまでも市場が求めるものは何かを知らなければ、戦略を立てることができません。我流で決めても、市場に受け入れられなければ意味がないということです。