市場調査にはどんなメリットがあるのか

市場調査はマーケティングにとって重要な役割を担うものであり、広義ではマーケティングリサーチと同義に扱われることもあります。市場を調査するということは、つまるところ顧客のことを知る事です。顧客のニーズ・ウォンツを調査し分析することで、新商品の方向性を決めたり製品の改善を行うことが可能になります。そのメリットは、消費者や見込み客について理解できること、新鮮な今の情報を得られること、ターゲットの生の声、本音が聞けることです。市場の調査を行う場合、その目的を明確化しておくことが非常に大事です。曖昧な目的意識のままに調査を行ってもピンポイントの情報が得られずコストが無駄になるだけです。一般的に新製品をリリースする前に商品の方向性を決める時か、商品の売れ行きが良くないため改善を行う時に実施されます。

市場調査とマーケティングリサーチの関係

市場調査はデータを収集することで、「現在」の市場の動向を知るものであり、マーケティングリサーチとはそれを含め、「未来」の市場の動向を予測し分析を行うこととされています。市場を調査する目的としては、「現状」を把握するという場合と、問題点を分析した結果としての「仮説」を検証する場合があるでしょう。目的が明確になったら、それに適した方法を選ぶ必要があります。調査の方法としては、定量調査、定性調査、覆面調査、統計データ調査、観察調査などに分類することが出来ます。定量調査とは、消費者や見込み客に対し、アンケートやインタビューなどを行ってデータを収集する方法で、最もよく使われている手法です。定性調査では、年齢や性別、職業などが同じグループに対し、グループインタビューをして、本音や本人が認識できなかった意見などを引き出すことが出来ます。覆面調査とは第3者が実際にサービスを利用して情報を提供する方法であり、レストランなどではよく行われています。統計データ調査とは政府や大学が行った調査結果のデータなどを分析する方法です。

マーケティングリサーチで行われている方法とは

マーケティングリサーチでは、現状の把握や分析に加え、現在はまだ明らかになっていないニーズの「兆候」を捉えることが非常に重要です。つまり潜在的なニーズを察知し予測することが求められているのです。マーケティングリサーチでは、製品テスト、事前事後テスト、ホームユーステスト、パッケージテスト、ネーミングテスト、テストマーケティングなどの手法が用いられています。製品テストとは現在すでに発売されている商品を実際に使ってもらって、問題点などを洗い出すものです。事前事後調査とは、広告やキャンペーンなどの実施前と後の違いを調査して効果を確かめるものです。ホームユース・テストは試供品を消費者に配布して通常通り使ってもらって結果を記録してもらう方法で、より実際の使用状況に近い結果が得られるため、有効とされています。マーケティングで重要なのは現状を把握して未来のニーズの兆候を掴むことです。そのためには、目的を明確化しそれに合った調査を的確に行う必要があるでしょう。

市場性調査を行い、市場規模の推移、メーカーシェア、価格動向、将来見込み、市場参入障壁などを明らかにします。 調査対象企業や関連企業へのヒアリングにより特定企業の販売動向などを明らかにする動向調査を行います。 1967年の設立以来、独立系調査会社として市場調査を専門に行っており、高品質の調査を実施することができます。 グローバル市場においてBtoB領域の豊富な調査実績があります。 市場調査ならマーケティングリサーチ